×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



基本方針とルール



仙台打撃会のスパーリングルールと方針について

(参加される方は必ずお読み下さい)



1、勝敗を決める試合はしない。(あくまで研究と交流の会です)

  (ただし、厳然たる安全体制と練習試合であることの確認を行った上での

  スパーリングに限り、試合の雰囲気をつかむ為の勝敗は例外的にありとします。

2、基本は顔面なし(いわゆる極真ルール)のスパーリングとする。

  力をフルに入れない。ボディ5割、顔への蹴りはかする程度。

3、顔面ありの場合は、防具付きとする。スーパーセーフ又は面付ヘッドギヤを着用する。

  力をフルに入れない。ボディ5割、顔面1〜3割程度とする。

  ヘッドギアのみの場合は、限りなく寸止めに近いマススパーとする。寸止めの場合でも、

  目の方向に向けた突き蹴りは打たないこと。方向を定める自信のない方は顔面マスはご遠慮下さい。 

4、防具着顔面スパーにおいては、顔すべてを狙わず、アクリル又は樹脂で覆われ

  た固い部分のみの攻撃を可とし、それ以外の部分(柔らかい部分など)は決して狙わないこと。

5、基本は投げ・間接技はなし。行う場合は、必ず相手選手及びその他メンバーの許可を得て行うこと。

  組膝も、対処できない人相手の時はできるだけやめて下さい。

6、顔面ありスパーリングにあたっては必ず止め役をつけること。

7、その他常識に基づいて行うこと(金的なし、目への攻撃なし、その他相手を再起不能に

  しかねない技はなし)

8、特にスポーツ保険未加入の方は、激しいスパーは厳禁願います。

9、もしスパーで怪我をされた場合は、当人同士の示談によって解決頂くものとし、

  事務局は一切責任を負いかねますので御留意の程お願い致します。



仙台打撃会の稽古場所使用について

(参加される方は必ずお読み下さい)

・場所は、体育館や市民センター等の公共の施設を使わせてもらっています。

 うるさいことを言うべきではありませんが、皆様の通っておられます道場と同様に、

  1)ゴミは持ちかえり願います。 

  2)練習後はみんなで清掃しましょう。

をお願い致します。

------------------------------------------------------------------------

仙台打撃会の基本方針

(参加される方は必ずお読み下さい)

1、打撃系武道の流派を超えた交流稽古会を!

  交流試合、ではなく、「交流稽古会」、を行います。特定の流派が主催する

  ことなく、流派を超えた和気あいあいとした、しかも技術的に実りの多い稽古会とします。

  従って、勝敗を決して競い合わず、他流を尊重できる方にご参加頂いております。

  ルールの違う流派同士がスパーリングをすることによる、見慣れない技の偶然的なヒットに

  起因する大怪我を避けるべく、安全第一とし、「仙台打撃ルール」スパーしか行いません。

  これは、互いに熱くなってしまうことを避ける意味もあります。

2、技術追求と親睦を併存

  参加メンバーの打撃技術力向上は大きな目的ですが、技術を追求できるのも

  お互いの親睦あってこそ、です。他のメンバーと仲良くなること、これを優先に

  お考え願います。

3、基本は中級・上級者が対象

  中級・上級者を対象とします(熱意があれば初心者でも十分参加可能)

4、顔面ありもやる

  フルコン中心だが、マススパー程度にとどめる又は防具着用により、顔面ありもやります。

  要は打撃ならどんなルールでも可と言うことです。

5、社会人が参加しやすく

  武道のプロはほとんどいません。掲示板使用により、気軽に参加し、気軽に欠席できる

  集まりとします。(1対1のメールの連絡だと誘う方も誘われる方も返信したり、と気を使うので)

6、参加メンバー第一

  仙台打撃会は、新メンバー歓迎ですが、まずは参加メンバーを大切にします。

7、インターネットからの参加

  一般的な道場交流以外に、広くインターネットからも参加者を募ります。

8、参加メンバーの要望を満たす

  試合出場の方の為のアドバイスや、きちんとした安全体制のもとでの試合形式スパーリングなど、

  参加メンバーの要望があればそれを満たす稽古を行います。

        
(上記ルールと基本方針は新宿打撃研究会様のルールと基本方針を一部改変したものです)